LINEOpen

LINE
Enjoy Timeline even more in the app.

Global Navigation

石黒康之

石黒康之

3025 posts

「この人合わないかも」
 
という直感や違和感は
 
大事にしたほうがいい。
 
たいていの場合当たっている。
 
 
- 作者不詳 -
 
画像:( @rin__0417 )

シェアさせていただきました。

押忍
...See more

  • 1

Log in to write a comment

本日は娘の卒業式

私と同じ小学校(^^)

子沢山の私の使命

どうやら子供達の為に使う命(使命)である様な気がしてなりません。

50歳の声を聞く一歩手前

自分がこの世に生を受けた意味合いがボンヤリとではありますが解りかけてきた様な気が致します。


押忍(^^)                           石黒康之
...See more

  • 7

Log in to write a comment

「たてまえではいろいろあるよね、
心身を強くするために空手を始めたと。

それはたてまえであって、
本当はケンカに強くなりたいんだよ。

ケンカに強くなリたいやつが、
早いし強い。」

大山倍達総裁


内弟子時、総裁のこのお言葉には心底痺れました!

この総裁のお言葉を文面通りに捉えてしまえば、
今現在の世の中では理解され難く賛否両論、
ある意味、批判の対象にされ兼ねません。


しかしながら、
総裁の残された他のお言葉の数々をよーく理解しながら読んでみれば、
文面こそ過激ですが実は物凄く人間の本質論に迫る理にかなったお言葉であることに気付いて参ります。


私個人的な解釈ではありますが、
極真空手、大山倍達総裁の空手とは、

全ての面で理屈でなく実践(行動)がものを言う空手であると理解しております。


当時の道場稽古にしましても先ず稽古量が半端ありませんでした。

兎に角、一つ一つの技の動作を繰り返す量が半端なく凄かったのです。

(特に内弟子稽古では一動作の移動稽古、
一つの型稽古、一つの技の三本組手などの対人稽古を各々延々と一時間以上繰り返すのは当たり前でした。)



実践なくんば、証明されず、
証明なくんば、信用されず、
信用なくんば、尊敬されない!

大山倍達総裁


上記の、
「実践」を「行動」に置き換えてみれば、
もうこの地球上の法則、
原理原則であることには間違いない訳であります。


何事にも於いても率先垂範、先ずはやってみる、行動してみる空手、
それが極真空手であると自分は個人的に考えております。



「君たち!
出来ないんじゃないんです、やらないんです!
やれば出来るよ!」


50歳の声を聞く一歩手前、
今更ながら総裁のお声が頭の中を駆け巡っております。


押忍!                            石黒康之
...See more

  • 5

Log in to write a comment

「強さ」とは、、、

主張を通すことでもなく、
競争することでもなく、
傷つかぬように身を守ることでもなく、

馬鹿にされ、
罵られ、
辱められ、
笑われても、 

笑顔でそこから立ち上がってくること。


小林正観さん

シェアさせて頂きました。

押忍
...See more

  • 5
  • 1 share

Log in to write a comment

同じ仕事を何年もやっていると、
どうしても嫌なところが見えるもの。
 
 
三流の人は仕事が嫌い。
 
二流の人は仕事が好き。
 
一流の人は仕事をしない。
 
 
 
三流の人は、仕事が嫌いです。
 
「今日も仕事だ。
お金を稼ぐためには仕方ない」
 
嫌いな仕事ですが、生活費を稼ぐために、
ため息をつきながら仕事をします。
 
 
嫌々やっているため、
仕事に対しても消極的です。
 
仕事はしますが、
楽をしようとすることばかり考え、
必要最小限で終わらせようとします。
 
だから、三流です。
 
 
 
二流の人は、仕事が好きです。
 
「よし。今日も好きな
仕事ができる。頑張るぞ」
 
わくわくしながら仕事に当たります。
 
 
積極的で気合も入っているため、
仕事も順調です。
 
サービス精神も旺盛で、
質を高めることに専念します。
 
すでに一流であるように思えますが、
まだ一流ではありません。
 
 
 
では、一流の人は、
どういう姿勢なのか。
 
一流の人は、もはや仕事をしません。
 
もはや「仕事をしている」と
思っていないのです。
 
仕事をして当たり前。
 
質を求めて当たり前。
 
向上心があって当たり前。
 
仕事の疲れは、
仕事で癒すのが当たり前です。
 
 
オンとオフという区別もありません。
 
仕事が遊びであり、
遊びが仕事という状態です。
 
睡眠中は、夢の中でも仕事をしています。
 
常に仕事をしている状態になると、
仕事をしている感覚がなくなります。
 
完全に、普通の日常生活に
なってしまうのです。
 
仕事を仕事と思わなくなる
境地に立つことです。
 
これこそ、本当の一流なのです。
 
 
画像:沖縄発!元気が出る筆文字言葉

シェアさせて頂きました。

押忍
...See more

  • 4

Log in to write a comment

loading...

close

Tell us why you are sending us this report.

Reporting a chat or post will send the relevant user's info along with your 10 most recent chat messages with them or the post in question.

close

Copy the link below and add it to your website.

By posting embedded content on Timeline, you agree to the Terms and Conditions of Use for Embedding Content on LINE. Terms and Conditions of Use for Embedding Content on LINE